結婚式、結納の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結納にかかる費用

結納金・返し

女性側からの返し額

贈られた金額の半額が一般的だが、地方によって異なります。 袴料は一般に「半返し」といわれ、贈られた金額の半額とされていますが、 地方によってかなり差があります。

また最近では、男性側が、あらかじめ袴料を差し引いた金額を包むこともあります。 関西では袴料の習慣はありませんが、嫁入りのときの結納金の3分の1程度を持参したり、数日後に 男性宅を訪れるとき、家族全員におみやげを持参する習慣があります。

仲人へのお礼はいつ?どうやって渡す?

当日「お車代」などを包み、お礼は後日改めて渡します。 挙式の媒酌人も依頼している場合には、結納の当日にはお車代程度を包み、 お礼は挙式後に改めて渡します。 結納だけの立会人なら、その日のうちに渡しても良いでしょう。

私たちは

私たちは、品物を贈らなかったので、返しもなかったです。 ですので、仲人も立てませんでした。

友達の体験談を聞くと「100万円」に対して10分の1の返しを贈ります。 「10万円の現金」を結納返ししています。 私の住む地域は、相場が10分の1と聞いてます。 地域によって返しの額は違うようです。

↑このページのTOPへ