結婚式、結納の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結納飾りの内容と意味

結納飾り

結納飾りに用いられる九品、その内容と意味(関東)



1.目録・・・結納品の内容を記したもの
2.長熨斗(あわびをのしたもの)・・・長寿の象徴
3.金宝包(結納金)・・・男性からは「御帯料」、女性からは「御袴料」
4.勝男節(鰹節)・・・男性の剛気の象徴
5.寿留女(するめ)・・・保存食であることから永遠の不変の意
6.子生婦(昆布)・・・子孫繁栄の願い
7.末広・・・純真無垢の象徴、末広がりを表す
8.友志良賀(麻の糸)・・・ともに白髪になるまでの意
9.家内喜多留(柳樽)・・・健康、長寿、幸福、節操などの意

結納品は関東風と関西風に分かれる

関東風では、男性が帯料という名目の現金を包み、酒肴、祝儀品などとともに、 白木の台に乗せて女性に送ります。 女性は帯料の半額程度の現金を桍料としいて包み、やはり祝儀品などとともに男性に贈ります。

関西風では、男性の帯料に加えて酒肴料も現金にして包み、ひとつずつ白木の台に乗せて女性に贈ります。 女性は受書のみを出し、返礼はする場合としない場合があります。

↑このページのTOPへ