結婚式、結納の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結納の会場選び

結納会場

結納の正式な形(豆知識)

本来、結納は両家が各々使者を立て、相手方に結納品を届けるものでしたが、
最近では一組の仲人が使者となり、両家を往復するというのが、正式な形とされています。

仲人が往復する正式な結納式の進め方



▼男性宅
仲人が到着する前に結納品を床の間に飾っておく。本人と両親が玄関で出迎える。
仲人を上座に案内して、着席し、口上を述べ合う。
結納品を風呂敷に包んで持ち、仲人夫婦は退席する。
  ↓
▼女性宅
男性側同様に、仲人を迎える。仲人は結納品を床の間に飾る。女性側は手伝わない。
着席して口上を述べ合った後、女性側は仲人へ受書を、次いで結納品を差し出す。
仲人夫妻は受書と結納品を風呂敷に包んで、退席する
  ↓
▼男性宅
着席したら、口上を述べて女性側からの受書の授与を行い、次いで結い納品の授受を行う。
男性側は結納品を床の間に飾り、男性側からの受書を差し出す。
仲人夫妻は、受書を風呂敷に包んで持ち、退席する。
  ↓
▼女性宅
着席したらい、受書を差し出し、口上を述べ合う。
女性側は、祝い膳と祝い酒を出す。または、「御酒肴料」として御礼をする。

現在の結納式

現在では、昔ほど難しくなく「食事会」のように進めるケースが多いです。 場所は、どちらか一方の家の和室か、ホテルや料亭を利用するのが一般です。

私たちは結婚式場の会場を利用

結婚式場の中に、結納が出来るお部屋があったので、そこを利用することにしました。 私たちは、ブライダルフェアなどで式場に足を運んでいましたが、両親は初めてです。 これから挙げる結婚式場の下見になって良かったです。

↑このページのTOPへ