結婚式、結納の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結婚式 結納の流れ

結納

結婚結納

本来は「ユヒノモノ」といい、両家が新しく姻戚関係を結ぶために共同で飲食する酒肴、つまりお酒と ご馳走を意味する言葉でした。 そこへ次第に、花嫁の衣装や身の回り品、さらにお金が加わっていったのです。
そして、それらを取り交わすことによって、婚約を社会的に認める儀式として一層重要な意味を持つようになりました。

日本古来のしきたりに見るように、単なる形式ではございません。 ご両人が正式にご結婚の約束を取り交わすとともに、周囲の方々からも認められ祝福されるという大切な行事でございます。

結納予算

品物からご祝宴、写真、お土産品に至るまで、両家の予算に応じて取り計らいます。 準備は、両家それぞれの家風や地方の風習に沿って打合せをして決めます。

みんなの体験

両家が顔を合わせる場所として、レストランやホテル、自宅で式をする方が多いです。 自宅でとなると準備が大変ですが、しきたりを気にするご両家は、花嫁さんの自宅でやる方もいるようです。

↑このページのTOPへ