結婚式の披露宴小物
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結婚式のウェディングドレスの種類や形

ウェディングドレス

Aライン(ウェディングドレス)

アルファベットの「A」のラインを思われる、なだらかに裾が広がるタイプです。 ウェストからすらっと伸びるこのラインはエレガントで人気のあるデザインです。

スレンダーライン(ウェディングドレス)

身体のラインにフィットするデザインで細身のシルエットです。 背の高い人によく似合います。 スレンダーとAラインの中間をソフトスレンダーといいます。

プリンセスライン(ウェディングドレス)

ウェスト切り替えでスカートが大きく膨らんだ華やかなデザインです。 体型を選ばず誰にでも似合います。 特に広い会場で映えるので、ホテルの披露宴や大きな教会での挙式に向きます。

マーメイドライン(ウェディングドレス)

上半身から腰にかけて身体のラインにピッタリ沿ったデザインです。 裾にだけギャザーやフレアーをいれ、ボリュームを出したシルエットが人魚(マーメイド)を思わせる事から名前が付きました。

和装衣装

結婚式の和装です。着物や髪飾りなどのアイテムで花嫁を演出します。 一度は、着てみたい衣装です。

色打掛(和装衣装)

着物の上に羽織って裾をひく「打掛」スタイルは近世の武家女性の礼装のひとつ。 赤やブルー、ゴールドなど華やかな色使いで、おめでたい文様を施している。 基本的に色打掛と白無垢は上に羽織るものが違うだけなので白無垢から色内掛けのお色直しは早い。

白無垢(和装衣装)

打掛から掛下まで全身全て白で統一した和服衣裳。 神聖な式に臨む和装の代表的な式服として知られる。 もともとは「嫁いで行く婚家の色に染まる」という意味がある。

引振袖(和装衣装)

「お引き」「お引きずり」とも呼ばれる裾を引いた振袖。 中でも武家の婚礼衣裳として使われていた黒引振袖は、早めに予約しないとレンタルできないほど最近人気が高い。 黒引振袖は、挙式にもお色直しにもふさわしい。

角隠し(和装衣装)

文金高島田の髪を飾る帯状の白い布。挙式時につけるのが正式とされているが、 披露宴でそのままつけてもOK。最近は色つきやオーガンジー素材もあるのでカジュアルな雰囲気にもなります。

綿帽子(和装衣装)

白無垢のとき、文金高島田の上から被る白い布の袋。本来は、式が終わるまで、夫以外の人に花嫁の顔を見られないためのものだった。 挙式のときのみつけて、披露宴でははずすのが一般的。

花嫁下着

体型の補正をしつつ、ドレスラインをきれいに見せるために作られた下着で、ビスチェやスリーインワン、ガードルなどがある。 レンタルドレスでも下着は自分で用意する。

花嫁ドレスは結婚式場で用意する事も出来ますが、自分でネットを使って購入した方が安いです。 一度きりなので、そんなに高額な物は買わなくて良いでしょう。 花嫁用の下着を用意して、ドレスの下に着ます。

↑このページのTOPへ