結婚式の披露宴小物
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結婚式のウェディングブーケや押し花

ウェディングブーケ・押し花

ウェディングブーケ

その昔、男性がプロポーズの思いを込めて、野に咲く花を摘み、愛する人に捧げたのがブーケの由来です。 自然な形のクラッチや丸い形のラウンド、三日月形のクレッセンとなど、今や花嫁が持つブーケには 様々な形があるほか、花材に種類豊富なので、ドレスに合わせて選んで下さい。

●ウェディングブーケはこちら

キャスケード(ウェディングブーケの種類)

上から下へ流れるようなラインを作るブーケスタイル。キャスケードは存在感がたっぷり。 ボリュームのあるプリンセスラインのドレスに合わせるにはぴったりです。 同じ白でもカサブランカならゴージャスに、小花をミックスした人気の高いユーチャリスなら可憐な印象になります。 ホワイトブーケの中でも一番人気が高いです。

クラッチ(ウェディングブーケの種類)

茎をそのまま生かして、ただ束ねるだけの自然なスタイルがクラッチです。 シンプルでナチュラルなイメージが出ます。同系色の花を集めたグラデーションも最近人気が高いです。 ガーデンウェディングやカジュアルバーにピッタリのスタイルです。

クレッセント(ウェディングブーケの種類)

三日月形をしたフォルムがエレガントです。 小花で小さくまとめると可憐になります。花材をカサブランカやバラにするとゴージャスに見えて素敵です。

シャワー(ウェディングブーケの種類)

まるで、シャワーのように花が四方に広がった、全体にボリュームが出るスタイルです。 花嫁の動きに合わせて花先が揺れるのも魅力的です。 カラードレスを着る人に人気があります。

ラウンド(ウェディングブーケの種類)

まんまるでコロンとした可愛い形のブーケです。 様々な色の花を組み合わせて作ればぱっと華やかな雰囲気になります。

ブートニア

花婿が胸にさす花のことです。 プロポーズされた女性がイエスの返事代わりに貰ったブーケの中から1輪抜いて相手の胸にさしたのが始まりです。 このことから、花嫁のブーケと同じ花材を使うのが一般的です。

トス用ブーケ

挙式後、花嫁が招待客に向かって、自分が持っていたブーケを投げる演出がブーケトスです。 このブーケを受け取った独身女性は次の花嫁になれるという言い伝えがあります。 通常のブーケより小ぶりのトス用ブーケを用意し、招待客に背を向け後方へ投げます。

贈呈用花束

披露宴の最後に新郎新婦が感謝を込めて、それぞれの両親に渡す花束です。 花束ひとつにつき、料金がかかります。 最近は、旅行券や新郎新婦が生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみを贈るなど、 花束に添えて贈る人もいるようです。

●結婚式で使う両親への贈り物

↑このページのTOPへ