結婚式の披露宴小物
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結婚式の引出物、引菓子やギフト

引き出物・引菓子・ギフト

結婚披露宴の引き出物

披露宴に出席をしてくれた招待者へ、感謝とお礼の気持ちを込めて贈ります。 品数は引菓子を含めて2~3品というのが一般的です。 また、地方や風習などによって、品数は違います。

ひとりあたりの金額は、引菓子を含めて4,000~6,000円ぐらいが多いようです。 引き出物は、地方や出身によって習慣が違うので、親とも相談をして決める事が大切です。 中身は、親族、上司、友人とタイプごとに変えても良いし、カタログギフトもおすすめです。

結婚披露宴の引菓子

大半の人が、引き出物に付けているお菓子が引菓子です。 引菓子は、結婚式に出席した人のみならず、家で待っている人へのお土産的要素も強いです。

かつては、バウムクーヘンやおめでたい紅白饅頭などが一般的だったが、 最近は有名ショップの焼き菓子や新婦お手製のクッキーなどを入れて、個性を出すカップルが多いようです。 いずれにしても、日持ちするかどうかも頭に入れておきましょう。

結婚披露宴のプチギフト

最近は、引き出物のほかに新郎新婦から招待者へ、ちょっとしたプチギフトをするのが流行っています。 プチギフトとして使われるのが「ドラジェ」「飴」「小物」などです。

●プチギフトはこちら

結婚披露宴のゲスト別引き出物

親族から友人までゲストの年齢層が幅広い場合、全員に喜んでもらうのは至難のワザ。 そこで最近人気の高いのが親族、友人、上司など中身をゲスト別に変える方法です。

なるべく品物の大きさは揃えて、外見が変わらないようにします。 渡す相手を間違えないように会場の人にお願いします。

結婚披露宴のゲスト名入れ

ふたりの名前を記した品物を引き出物として贈るのは一時流行ったが、最近はゲストの名前を刻んで貰うのも人気があります。 たとえば、ゲストの名前の入ったワインボトルなどテーブルに置いておくと席札の代わりにもなってオシャレです。

結婚披露宴の手作り引き出物

自分達の手で作った引き出物をゲストに贈ることで、感謝の気持ちが一層に伝わります。 新郎新婦が自ら焼き上げたお皿からメインの引き出物に添えるお菓子までいろいろです。 手作りをする場合はある程度の時間が必要になります。

結婚披露宴のオーダーメイド引き出物

販売されている品を購入するのでなく、一からふたりの希望に沿った品物を作ってもらう。 人気の高いオルゴールや陶器など。 オーダーゆえに、お金はかかるが、こだわり派のカップルにはオススメです。

結婚披露宴のお持ち帰り用装花

ゲストテーブルの席に飾られた卓上装花を結婚式終了後、ゲストに持ち帰ってもらうようアレンジしたもの。 5~6個の花のパーツを組み合わせ、ひとつの花にアレンジしたり結婚式終了後、花束にしてもらう方法もあります。 ゲスト全員に配れないので、女性ゲストに贈るのも喜ばれます。

結婚式二次会用プチギフト

二次会を行う場合、景品とは別に最後花嫁から出席者に手渡しされます。 料理を食べた後に、ガムのプチギフトも人気があります。お口直しになりますね。

食事で満腹になっている事でしょうから、お菓子やガムなど持って帰れるプチギフトがオススメです。 プチギフトは気持ちなので、高額なプチギフトにせず、負担のない金額のものを選びましょう。

●プチギフト雑貨(耳かき、お箸、入浴剤など)

↑このページのTOPへ