結婚式の挙式、神前式、教会式
結婚体験談花嫁の手紙体験談

神前挙式の流れ

神社挙式

神前結婚式のスタイル
古来の神道の儀式はとても新鮮です。

参進の儀(さんしんのぎ)

神社の挙式は、古式ゆかしい神前挙式。 古来の神道の儀式そのままに進みます。

参進の儀(さんしんのぎ):
神社の「参進の間」にて列を整え、巫女の先導のもと、 雅楽を奏でる楽人に続いて石畳の参道を厳かに歩み、神殿に向かいます。

修跋の儀(しゅばつのぎ)

開式を告げる太鼓につづき、神職が新郎新婦をはじめ、 みなさまをお祓いいたします。

祝詩奏上(のりとそうじょう)

おふたりの末永いお幸せと、ご参列の皆様をはじめ、家族親族皆様のご健勝とご安泰を祈念して、斎主が祝詞を奏上いたします。

三献の儀(さんこんのぎ)

二人の巫女が持参する、三ツ組の朱の盃で、いわゆる三々九度の盃を交わしていただきます。 同じ盃で同じお神酒を飲み交わすことによって、夫婦の契りを結ぶ儀式です。

御媒酌人納盃の儀(ごばいしゃくにんのうはいのぎ)

御媒酌人様が居られる場合は、新郎新婦の三献の儀につづいて、同じ盃でお神酒を受けていただきます。

親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)

ご両家の親族同士の結び固めの盃を交わしていただきます。
代表として、それぞれの親御様またはそれに変わる方に行っていただきます。

浦安の舞(うらやすのまい)

昭和天皇のお詠みになった和歌にあわせ、おふたりの末永いお幸せを祈念して巫女が神前に舞を奉納いたします。 昭和天皇御製 「天地の 神にぞ祈る あさなぎの 海のごとくに波立たぬ世を」

誓詞奉唱(せいしほうしょう)

おふたり並んで、神前で誓詩(誓いのことば)を奏唱していただきます。
誓詩は、神社でもご用意できますが、おふたりでお作りになったものをお読みになっても結構です。

結い紐の儀(ゆいひものぎ)

巫女が、一つ一つ心を込めて編み上げた赤い水引の輪を、お互いの左手の小指に結び合っていただきます。 どこか、目には見えない運命の赤い糸を結び合う事にも似た儀式です。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

ご新郎・ご新婦、御媒酌人・両家の代表には神前に玉串を捧げ、順次とご拝礼をいただきます。 玉串を供えることを、奉奠(ほうてん)と言います。 玉串は、神前に立つ人の心を神様にお伝えする祭具で、青々とした枝ぶりのよい榊の枝を用います。 これを神前にたてまつってから、二拝二拍手一拝の作法で参拝していただきます。

斎主挨拶(さいしゅあいさつ)

結婚式をつかさどる役目の神職である斎主が、おふたりの門出を祝う挨拶を述べます。 この直後、閉式の太鼓が鳴り、挙式をお納めいたします。

↑このページのTOPへ