結婚式の花嫁体験談
結婚体験談花嫁の手紙体験談

結婚式当日の朝

結婚式の朝

朝は目覚めがよく起きられました

いつも見慣れた部屋で寝て起きたのに、この日は何だかいつもと違います。 朝日がまぶしいというか、切ないというか・・・。

花嫁は、体力が必要なのでしっかり朝食は食べましょう。 披露宴の食事を「バクバク」食べる事は出来ません。 気持ちが悪くならない程度に済ませておきましょう。

朝、目が覚めて普通に両親と会話をしました。 なんとなく父親の目が涙ぐんでいます。 私と話をしても、目を反らして何処か遠くを見ています。 母も、いつもと違います。 朝から元気に喋る母ですが、今日はどこか物静か・・・。 これは、もう私が巣立って行くという寂しさなのでしょうね。

両親に長年のお礼と挨拶をしました

私は、自宅着付けを希望していたので、白無垢姿になりました。 「孫にも衣装」と言いますか、いつの間にか「花嫁の顔」になっていました。 そんな私の姿を直視できない両親。 目には涙が浮かんでいます。

「お父さん、お母さん、お世話になりました。」 そんな言葉を言った瞬間、私の目の前が涙で見えなくなりました。 小さいときの事、親に反抗をして迷惑をかけた時の事など鮮明に思い出します。

この瞬間、結婚式は「親孝行」かな。と思いました。 私にとって、よい区切りだったと思います。

白無垢姿の私を一目見に近所の人が集まります


気分は、もう花嫁気分です。 いつもの私とは違います。 全身白い「白無垢」で飾られた私は、立派な花嫁になっていました。 近所の人たちが、過去の思い出話をしながら記念撮影をしてくれます。 通りすがりの人たちも、足を止め晴れ着姿を見ています。 「あぁ~、今日は私の晴れ舞台。私が主役」と思った瞬間です。

↑このページのTOPへ