結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

花嫁の手紙を読む人は多い

両親への手紙は90%以上

花嫁の手紙を応援

結婚式に招待されて幸せな気持ちになる人は多いです。 幸せが伝染するように「私も早く結婚したい」と思う友人は多いはず。 「次は私よ。」とブーケトスにも力が入ります。

そんな結婚式になるのは、招待者の協力も必要ですが、花嫁さんの準備も必要です。 どんな結婚式にしたいのか?どんな余興をしたいのか?その準備が必要になって来ます。 「結婚式を挙げて良かった。花嫁の手紙を読んで良かった。」と思える結婚式にして欲しいです。

どんな花嫁の手紙を書くか決まりましたか?

いざ、書こうと思っても何から書いて良いのか迷うはず。 ですが、難しく考えなくて大丈夫です。 今まで育てて来てもらった感謝の気持ちを、ありのままに書く事が大切です。

花嫁の手紙は、 どれもが両親に伝えたい思いばかりです。 花嫁が一番伝えたい感謝の気持ちを残します。

9割近くの結婚式で花嫁は読んでいる

出席した9割りの結婚式で花嫁の手紙は読まれています。 結婚式の見せ場と言っても良いでしょう。

残りの1割りは「泣いてしまうのがヤダ」という理由で避けてしまう人もいるようです。 でも、大人になった一区切り、両親に対する感謝の気持ちを伝えるために、日々の思いを手紙に託して両親に贈ります。

↑このページのTOPへ