結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

花嫁の手紙は来賓者も感動

両親への手紙は感動する

結婚式といったら花嫁から両親への手紙

結婚式の見せ場といったらやっぱり。

感動を誘う花嫁からの手紙は、は結婚式の大イベントとも言えます。 結婚式に出席した人の胸に熱く残ります。

招待客も感動する

「○○ちゃんは小さいとき苦労したんだって。両親への感謝の気持ちが伝わって来て泣いたよ。 出席者全員が泣いていたよ。」どんな内容を書いたの?

それは、花嫁が子供の時に父親が病気で苦労したという話だったのです。 両親へ贈られる手紙は、両親に対する思いだけではなく子供時代にどんな風に育ったかなど 手紙を通して伝わって来ます。

年齢問わず楽しめる

結婚式で誰もが注目するイベント、それは花嫁からの両親への手紙です。 新郎・花嫁の余興は、誰もが楽しむ事が出来ます。

今まで食事を楽しんでいた招待者も、花嫁が手紙を手すると、誰もが注目します。 どんな思いで手紙を読むのか気になります。 招待者全員が、年齢関係なく楽しめる余興です。

笑いのある 花嫁から両親への手紙

知人Aさんは、花嫁の手紙は「泣くような文章は書かない。笑える手紙にする」と言いました。 彼女の言うように、笑いのある「両親への手紙」は面白かったです。

まず、花嫁の自己紹介から始まりました。

「私は、気が強いです。」誰もが「エッ?!」とビックリする内容から始まりました。 「私は、芯が強くやりたい事には真っ直ぐです。だから新郎は私が仕事を続ける事に賛成してくれました。 私は、仕事と家庭の両立を頑張ります。こんな性格だから新郎の両親は苦労するかもしれません。 ですが、自分の娘だと思って表裏無く何でも言って下さい。私も自分の両親だと思って大切にします。」

「花嫁の手紙」は泣くものばかりではなく、伝えたいメッセージ、旦那両親に向けたお手紙でも大丈夫です。笑いのある手紙も素敵です。

↑このページのTOPへ