結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

両親への思いを花嫁が贈る

両親へ伝えたい想いは?

両親に贈る花嫁の手紙

両親に伝えたい言葉は「ありがとう」だけではありません。

今まで言えなかった想いを託す事が出来ます。 学生時代迷惑をかけてしまった事、 両親に伝えたい想いなど、その家庭にしか分かり得ない想いが沢山あります。

片親のお母さんに書いた花嫁の手紙

「お母さん、女手ひとつで私をここまで育ててくれてありがとう。 帰りが遅く心細い幼少時代でしたが、お母さんが大変な思いをして働いてくれたからこそ、 私がここまで大きくなる事が出来ました。」

母親が大変だったのを近くで見てきた花嫁ならではの感謝の気持ちです。 聞いていて胸が打たれました。

花嫁と両親にしか分からない事情を手紙に取り入れる

花嫁が両親へ手紙を書く時、花嫁と両親の仲は他人には分かりません。 どんな風に育ったか、どんな事を思って育ったかなどを、 花嫁の手紙を使って、両親に心の声を読み上げます。

想像しなかった花嫁の手紙の内容に、両親の心は熱くなります。 両親から見る目線、花嫁から見る目線は違います。 どう思って育ったか感謝しているかを手紙に残します。

恥ずかしい事なんて何もない

花嫁の手紙で「こんな事を書いて良いのかな?」と思いますが、 両親に、感謝の気持ちを伝える物なら堂々と胸をはって手紙を書いて欲しいです。

この際だから、両親、招待者、全ての人を泣かすぐらいの気持ちで手紙を書きましょう。 書いていて胸がいっぱいになってくるようであれば、周りの人たちの感動を誘います。

せっかく結婚式で両親への手紙を書くのですから、一生に一度の結婚式と思って 最高の手紙を贈りましょう。 結婚式が終わると「あぁっー気持ち良かった。楽しかった。」という満足した気持ちで締めくくる事が出来ます。

↑このページのTOPへ