結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

両親に感謝を伝える機会

両親へお礼が言える?

お礼を言った事がありますか?

付き合いが長いからこそ「ありがとう」という言葉が出ない事もあります。 親と子供は、喧嘩をしても、すぐに仲直り出来ます。 それは、誰よりも深い絆で結ばれているからです。

どんなに仲良くても「今まで育ててくれて、ありがとう」の言葉は、簡単には言えません。

育てて貰った事に感謝します

「花嫁からの手紙」で両親に何を伝えたいか考えます。 どんなお礼を伝えたいのか。

「産んでくれてありがとう。」「今まで育ててくれてありがとう。」 「いつも見守ってくれてありがとう。」ありがとうの思いは様々です。

父親、母親に対して、どんな思いがあるのか。 どんな事に対して感謝しているのか手紙に託します。

涙を流しながら「ありがとう」

なんて、ステキな光景なんだろう。 花嫁がスポットライトを浴びて両親への手紙を読む姿は、とても美しいです。 涙を流しなたら両親に思いを伝える花嫁の姿は、結婚式の象徴でもあります。

両親への手紙は、両親へのプレゼントのひとつです。きっと大切に保管されるでしょう。 思いを綴った最高の手紙です。

「ありがとう」の1通の手紙

両親への手紙を書いていると、何を書いて良いのかまとまらなくなって来ます。 お礼を言いたい事、お詫びしたい事など考えれば考えるほど収集が付かなくなるのです。

そんな時は、力を抜いて自分の書きたい内容を箇条書きにまとめます。

日にちを変えて改めて書き直してみたりなど工夫すると「両親へ伝える手紙」にまとまりが付きます。 「ありがとう」の気持ちは、花嫁の本心を書く事が1番大切です。

↑このページのTOPへ