結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

花嫁の手紙で盛り上がる披露宴

結婚式の余興のひとつ

結婚式での両親への手紙は見せ場

結婚式で花嫁から両親への手紙が読まれると、急に明るかった部屋が暗くなり、両親への手紙にあったBGMが流れます。

今まで、カラオケなどの余興で笑っていた招待者たちも、花嫁が読む両親への手紙に耳を傾けます。

花嫁が両親への手紙を読めなかったら?

結婚式で両親への手紙を、花嫁から贈るケースが多いです。 もしも、花嫁が号泣してしまい「両親への手紙」を読む事が出来なかったら、 新郎に読んで貰う事も出来ます。 新郎も一緒に泣いてしまい読む事が出来なければ、司会者にお願いをすると良いでしょう。

ほとんどの結婚式場では、花嫁が両親への手紙を読めなくなっても良いように コピーを司会者に渡しておきます。 披露宴で読まれる花嫁の手紙は見せ場です。どんなに涙が止まらなくても 両親への感謝の気持ちを込めて花嫁さんが読むと、会場中に想いが届きます。

結婚式場での両親への手紙は招待者を泣かす

娘を持つ親は「いつか、自分たちの番。」などと自分に置き換えて手紙に涙する人も多いです。

友人は、花嫁の幼少時代を知っているので、 花嫁姿を見て「幸せになってね。」と、一緒に泣きます。

親族たちは「あんなに小さかった○○ちゃんが、こんなに立派になって。」と 大人になった花嫁の姿を見て涙します。

結婚式で読む「両親への想い」は、そんな招待者にとって感動する場所なのです。

↑このページのTOPへ