結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

花嫁の手書きで贈る

両親への手紙は手書き

手紙は両親へプレゼント

「花嫁の手紙」は、読み終わると両親へプレゼントします。 直接、花嫁が両親に渡すケースと、式場スタッフが代理に渡してくれるケース、 無くさないように両親に渡す贈呈品とまとめて渡してくれるケースがあります。

これは、式場によって違いますので、結婚式場に任せます。 もし、気になるようでしたら、結婚式場のスタッフと打合せ時に確認します。

封筒付きの手紙で書く

読み終わったら封筒に入れて、両親の手元に行きます。 両親にとって最高の宝物になるので、かわいいイラストが書かれた便箋に書いたり、 自分の小さい頃の写真を貼ったり、押し花を入れたりなど工夫するのもオススメです。 便箋に書く時は、下書きで花嫁の手紙を完成させてから便箋に写します。

心を込めて丁寧に書く

花嫁の手紙は、結婚式場で読むのに間違えがないように見直しをします。 緊張した時の事を考えて、文章は飛ばさないように改行をして読みやすい書き方が理想です。 字は、丁寧に書きます。

両親へ手紙をプレゼントした後、何度もその手紙を読み直すことでしょう。 自分の娘の字で書かれた
花嫁の手紙は、両親にとって最高の宝物です。 一字、一字、心を込めて書きます。 書いている途中で泣き出してしまう事もあるかと思います。 日にちに余裕を持って、花嫁の手紙を仕上げて行きます。

両親に贈る手紙を感謝状にして

便箋で書く花嫁の手紙を工夫して感謝状として渡すのも素敵です。 文房具屋さんで、「表彰状」の用紙が売っています。 そこに手書きで花嫁の手紙を書いて渡すのもオススメです。 感謝状は、結婚式後に宝物に出来るように額を用意しておくと、気が利いた花嫁の手紙になります。

花嫁の手紙に隠しプログラム

花嫁の手紙は、披露宴で朗読するイベントとして定着しています。 両親へ感謝するという気持ちを、手紙と一緒に何か隠しプログラムを提案します。 結婚式場によって花嫁の手紙を読む時の、花嫁の立ち位置は決まっています。

花嫁と新郎は、マイクの前に立ち、両親はテーブルで席に着いたまま朗読に耳を傾けます。 少し照れ臭いかもしれませんが、花嫁の手紙を読む時に、両親の近くにいって 顔をよく見せながら手紙を読むなど、花嫁さんのアイディアを結婚式場スタッフにお願いするのもオススメです。

↑このページのTOPへ