結婚式披露宴 両親へ花嫁の手紙 書き方
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

両親へ花嫁の感謝の思いを書く

感謝している事を書く

感謝の意を表する

花嫁から両親への手紙で大切なのは、両親に感謝している事を伝える内容です。 心配かけた事、両親から学んだこと、「ありがとう」を手紙に残します。 短い文章でも花嫁さんが考えた「両親への手紙」なら気持ちのこもったものとして両親に喜ばれます。

両親に感謝するエピソード

花嫁の手紙を文章にする場合、どんな事に感謝をしているか構成を考えなくてはなりません。 重要なポイントは「心から両親への感謝する気持ち」を表現する内容です。 エピソードなどは要領よくまとめ、そこのとから自分が両親に対して何を感じ、どのように 感謝をしているか手紙に書きます。

表現を凝りすぎたりすると、その部分だけが浮いてしまい感謝している気持ちが後回しに聞こえてしまいます。 花嫁の手紙を一番喜んでくれる両親には、花嫁らしい言葉で表現するのが一番大切です。 花嫁さんの字で「これだけは伝えたい」気持ちを伝えましょう。

感謝の気持ちの部分を読むときのポイント

結婚式前に読むリハーサルをやります。 結婚式当日に向けて練習をします。 緊張すると早口で呼んでしまうので、練習の時は落ち着いて、ゆっくり読むようにします。

両親に感謝する内容・ありがとう、などは気持ちが伝わるように、ハッキリとゆっくり読んだ方がよく、 強調した部分、とくに両親に伝えたい感謝の気持ちなどは、長めに間を置いたり、心を込めて読むようにします。

感謝の気持ちの手紙は招待者の心を満腹にする

花嫁が読む両親への手紙は、誰もが聞いていて感動するものです。 これから旅立つ娘を持つ親には、花嫁の両親と同じ気持ちになってしまいます。 花嫁が心から伝える感謝の気持ちは、出席者にも伝わり、両親と共に感動を呼びます。

「子供の頃、こんな思いをしていた。」「こんなに大きく立派になれたのは両親のお陰。」など 花嫁の手紙を読む事によって、両親の素晴らしさが見えて来ます。

「そんな思いをして花嫁を育てて来たのか。」 「両親に似て素晴らしい花嫁だ。」と花嫁からの手紙を見て心打たれます。

↑このページのTOPへ