結婚式披露宴の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

新郎の父親の挨拶

新郎父親の挨拶

結婚式も終盤です

新郎の父親は、新郎・新婦を代表して最後の挨拶をします。 招待者へのお礼。そして、家族が増えた事に対する喜びを話します。

新郎の父は、最初、緊張をしていました。 感動して涙声でした。 すると披露宴会場から「ほらっ!頑張れ!!」と声がかかり気を取り直します。 新郎の父も、息子が結婚をするという事は、嬉しい反面悲しいのです。

父の後は、新郎が招待客に挨拶をして締めます

新郎は、結婚式に出席して頂いた方への感謝の気持ち。 結婚をして「一人前」になった喜びを語ります。

旦那は、体は大きいのですが意外に気持ちが優しいです。 私以上に、泣いていました。 両親へ花嫁からの手紙を読んでいる間、横で大泣きしてたぐらいです。 男性って、女性より弱いのかもしれないですね。

大泣きしながら挨拶する新郎の涙を私が拭いていました。 それも、また面白い光景で、招待客の笑いを誘っていました。

新郎・新婦・両家親は、先に退場をします

出口の金屏風の前に、新郎両親・新郎・新婦・新婦両親と 並び退場者を迎える準備をします。 この時、結婚式プチギフトが花嫁の手に持たされます。

↑このページのTOPへ