結婚式披露宴の流れ
結婚体験談花嫁の手紙体験談

新郎の上司の乾杯で結婚披露宴

新郎の上司による乾杯

新郎の会社の部長に乾杯をお願いしました

結婚式 新郎新婦入場
新郎の会社の部長が、乾杯の音頭を取ります。

「簡単ですが、○○さんとは・・・」
と、お祝いの言葉を貰いました。 そして「乾杯」になりました。

部長は、花嫁の名前を間違えていた

部長も緊張していたと思います。 私の名前は、音読みと訓読みで読み方を間違える人が多いです。 ですので、結婚式の席次表やプロフィールにはアルファベットで読み方を載せていました。 まぁ、そこまで目を通していなかったのでしょう。
×「とも(友)さんは、とてもステキな方ですね。」
◎「ゆぅ(友)さんは、とてもステキな方ですね。」
後者の「ゆぅさん」が正解でした。

乾杯が終わった後、誰かに指摘をされていたようです。 その後、私に声をかけて来た時は「ゆぅさん」に変わってました。 花嫁の名前を間違えるのは、結婚式でタブーです。 結婚式でスピーチをする人は気を付けなくてはいけません。

乾杯が終えると食事の準備です

お酒や食事が次から次へと運ばれて来ます。 新婦は緊張をして食べられないだろう。と言われていましたが、バクバク食べていました。 それに、林家ペー&パーのように、新郎新婦席から「バシャバシャ」招待者をカメラに収めてました。 緊張をしなかったので楽しく始まりました。

↑このページのTOPへ