結婚式の二次会準備
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

結婚式二次会案内を作成

結婚式二次会案内

二次会の招待状は往復ハガキで出す人が多い

友達から、結婚式の二次会の案内が送られて来ます。 ほとんどの友達は、「往復ハガキ」を利用しています。 案内には、二次会の場所、日時、会費が記載されています。 会費は男性8,000円、女性6,000円が多いです。
(男性10,000円、女性8,000円の時もあります)

私の場合二次会の案内はメールで出しました

二次会の費用も、なるべく節約をしたかった私は、メールで出してしまいました。 出欠の可否は、メールで返信が来ます。 連絡がない人には、直接口頭で伺いました。

本当は、「往復ハガキ」で二次会の招待状を出すのが理想だと思うのですが、幹事が頼りなかった為に、 自分一人でやるのが精一杯の手段だったというか・・・。 新郎の友人(幹事)は、遠くを眺めて笑っているタイプが多いので、花嫁が頑張りましたよ!!

二次会の人数の確定は開催日の2日前でした

結婚式の二次会は、招待者以外にも人数が増える場合があります。
「私も、結婚式の二次会に出席したい!!」
と言って来る人がいるからです♪ 人数が増えるのは大歓迎!! 自分の事をお祝いしてくれる人が増えるので嬉しいです。

お店は、仮予約を数ヶ月前から入れておきます。 お店側も、仕入れがある為、二次会の2日前までには人数を確定します。 招待者の突然の欠席など、当日になって何が起きるか分かりません。 欠席者の為に、赤字になったら不足分を誰が補うのか・・・。 私たちの結婚式の二次会は、当日キャンセル者も出ず予定通りでした。

こんな例もあります。 知人が、二次会当日に風邪を引いて欠席をしました。 すると、後日、「二次会の会費10,000円」を請求されたそうです。 出席していないのに「10,000円」は高いですよね。 でも、お祝いの席だから仕方ないのでしょうか? そのような事がないように予定を立てたいですよね。

↑このページのTOPへ