結婚式の二次会準備
結婚体験談花嫁の手紙 書き方

結婚式二次会招待状を用意

結婚式二次会招待状

結婚式の招待状とセットにする

結婚式に出席して頂く招待状の中に、二次会の案内や返信はがきを入れておくと、送料も手間も省けます。 二次会だけの方には、案内の入った招待状を個別に出します。 二次会なので、書き方は結婚式場の案内のように難しく書く必要はありません。 参考に、結婚式招待状の書き方はこちらです。

●結婚式招待状 用紙はこちら

披露宴からの招待者・披露宴に呼べなかった招待者

披露宴からそのまま来る招待者をピックアップします。 友人・知人・会社の人など、若い人なら参加してくれるでしょう。

この時、二次会の人たちを何人ぐらい呼ぶか決めます。 あまり多すぎても、広い場所のお店が見つからないし、 あまり少なすぎても、盛り上がりません。

もしかしたらですが、二次会が縁でお付き合いをするカップルが誕生するかもしれません。 幸せが、もうひとつ増えたら嬉しいですよね。 私の周りでは「二次会がきっかけで結婚した夫婦」が多いのです。 そんな出会いの場を提供するのもステキかもしれません。

結婚式の二次会は男性と女性が同じ人数が理想です

男性と女性が半々ぐらいが理想でしょう。 結婚式の披露宴には、新婦側に男性の友人が呼べません。
(呼んでも、かまわないと思いますが・・・)
新婦側に「男性の友人」が座っているのは、ほとんど見た事がありません。 披露宴に呼べなかった男友達を呼んで、人数あわせをするのも良いでしょう。
私の結婚式二次会は、男女が半々。若干男性が多いぐらいでした。 席は、仲の良い友達同士が固まらないように、「くじ引き」で席を決めます。 席は、必ず男女が交差するように用意しました。

初めは、みなさん緊張気味ですが、お酒で酔い始めると会話が盛り上がります。 「新郎・新婦とは、どんな関係なのか。」 「招待者同士の仕事や趣味は何か。」などの会話です。 これでしたら、一人だけで来た招待者も気兼ねなく輪に入れます。

私も、友達の結婚式の二次会に招待された時に、友達同士で固まってしまいます。 「お久しぶり」「今、何してるの?」と話題が盛り上がりますが、 知り合い以外とは、話す機会がありません。 これなら、男女関係無く話題が広がるのでオススメです。

招待者は、その日都合が悪い人もいます

仕方がない事なのですが、招待者にも都合があります。 事前に、余裕を持って誘いましょう。

突然の招待者の「欠席」もありますが、予定にない人の「出席」もあります。 その事を頭に入れて準備をしましょう。

二次会の食事は「バイキング」だったりするので、食事に対して心配する事はありませんが、 二次会の最後にプチギフトを配るならば、多めに用意しておく必要があります。

↑このページのTOPへ